HOME>記事一覧>タレントマネジメントで最適な人材を知る!必要な人材を可視化

タレントマネジメント機能の特徴

タレントマネジメント機能は、社員のスキルなどのプロフィールをデータベース化し、検索できるようにすることができます。この機能により、人材の配置などの最適化を行えることは、タレントマネジメント機能の大きな特徴です。

タレントマネジメントで最適な人材を知る!必要な人材を可視化

PC操作

タレントマネジメント機能を導入する方法

タレントマネジメント機能は人材管理システムとして、様々な企業がサービス提供を行っており、これらを利用することで導入が可能です。オンプレミスのものだけでなく、クラウドのサービスも存在しています。オンプレミスのサービスを利用する場合は自社でサーバーを用意する必要がありますが、クラウドサービスであれば自社でサーバーを用意せずに導入ができます。

ビジネス

タレントマネジメント関連機能にも注目

タレントマネジメント機能を導入することで、登録された社員の能力を抽出し、レポートとして分析することができるようになります。こうした関連機能を利用することで、社員の能力を適切に評価することが可能です。最適な人材配置を可能とするだけでなく、不足している人材や、今後必要となるスキルを持った人材などを可視化し、人材採用にも活用することができるでしょう。

タレントマネジメントの機能と得られる効果

ネットワーク

目標管理機能

社員が日頃の業務について立てた目標を管理することで、その後のキャリアステップなどのサポートを行います。目標管理を行うことで、社員の成長を正確に把握することができます。

コンピテンシー管理機能

高い能力を発揮している社員の行動特性を、コンテンピシーと呼びます。このコンテンピシーを抽出して評価基準とすることで、正確に社員の評価をできるだけでなく、社員全体の質を引き上げることも可能です。

育成計画機能

タレントマネジメント機能に登録された社員のスキルと、会社が求めているスキルのギャップを明確にし、人材の育成計画の作成を行うことができます。

広告募集中